ガルバリウム鋼板と熱伝導率

ガルバリウム鋼板とはアルミと亜鉛で鉄を守っている鋼板だ。通常のトタン板に比べて耐久性と耐食性に優れているのが特徴となる。1972年にアメリカで開発された新しい金属素材だ。屋根材や外壁材は常に風雨にさらされている。屋根材と外壁材にもっとも求められているものは耐久性である。最近では耐久性にすぐれるガルバリウム鋼板が、屋根材や外壁材として利用されるケースが増えてきた。

ガルバリウム鋼板は普通鋼の冷延鋼帯(コールドコイル)に溶融めっきを施して製造する。ごくまれに熱延鋼帯(ホットコイル)を用いることもあるが、基本的に紐付対応。基本的な生産プロセスは普通の亜鉛めっき鋼板と同一であるため、両者は基本的に同一のラインで製造される。高炉メーカーでも製造されるが、コイルを外部から購入してめっき処理を行うめっき専業メーカーのシェアも高い。

ガルバリウム鋼板をあつかうとき、板金店の考えとしては、できるだけ長尺の材料を使い、できるだけつなぎ目や水切りなどないようにしあげる。しかも、ひずみやキズなどがないようにしなければならない。ただし、現場の材料の搬入の状態や現場の状態などの理由より、つなぎ目をどうしてもいれなければならない場合もあるのだ(たとえば、現場までの道が狭く長尺ものが搬入できない。現場が狭く材料を取りこめない、など)。

ガルバリウム鋼板は高い防食性を生かして、建物の外壁や屋根の材料、あるいは各種建築材料(雨樋・ベランダまわりなど)として近年使用が増加している。同じ耐食鋼材として広く使用されているステンレス鋼板に比べて購入単価が大幅に安いことから、特に最近のステンレス鋼価格高騰を受けて、材料選定切替の動きが進んでいる(ただし、防食性能自体はやはりステンレスの方が高いため、切替は慎重に行う必要がある)。一部ではガルタイトからの切替も見られる。耐食性のほかに熱反射性などを生かした産業機械や電気器具などへの使用も少なくない。
posted by ヒラガ at 14:00 | ガルバリウム鋼板あれこれ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。